JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと260日間無料試用可能 ダウンロードはこちら JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと2

自動運転について

AM9:00に開催情報を取得したい

 シンプルぱっと2はIPATから取得した開催情報を元に動作します。従って、自動運転の第一歩は開催情報を自動取得することにあります。

キーワード:自動運転、開催情報、固定イベント

(1) イベントボタンを押す

イベントボタンを押す

(2) イベントマネージャの「固定イベント」タブを開く

固定イベント設定タブを開く

(3) 固定イベント実行時間を指定

固定イベント実行時間を指定する
  • 固定イベント実行時間とは、指定した時刻になるとイベントが発生する時刻のこと
  • 今回の例では、AM9:00を指定
  • 固定時間のセルを左クリックして選択した後、右クリックすると時間メニュが表示される

(4) 実行するアクションを選択

イベント時に実行するアクションを決定
  • アクションのセルを左クリックで選択した後、右クリックするとアクションメニュが表示される
  • アクションとは、(3)で指定した時刻になったら実行されるコマンドのこと
  • 今回は内部コマンドの「開催情報取得コマンド」を指定
  • 開催情報取得を指定すると、IPATから開催情報を取得する
  • 内部コマンド指定の代わりに「スクリプト指定」から「開催情報取得.vbs」を選択してもよい

(5) 設定された固定イベントを確認

設定された固定イベント

(6) OKボタンを押して、設定を確定させる

OKボタンを押して、設定終了

(7) メイン画面ステータスバーにある、「イベント」ボタンをクリック

イベントを有効にする

  • ステータスバーに「イベントOFF」と表示されている場合は、自動運転は実行されない
  • ステータスバーに「イベントON」と表示されている場合は、自動運転中
  • ステータスバーのイベントボタンを押す度に、ON/OFF切り替え可能

(8) イベントNo.1を開催日だけに動作させる

曜日指定

  • 固定イベントNo.1に設定したイベントは、競馬開催日以外でも動作する
  • 固定イベントの設定の横にある「イベントNo.1曜日指定」を利用すれば、固定イベントNo.1を実行する曜日を指定することが可能
  • チェックを付けた曜日の、固定イベント時間になったときにイベントが実行される
  • イベント実行時には、シンプルぱっと2が稼働していなければならない

[自動運転の活用法トップに戻る]
[活用法トップに戻る] [トップページに戻る]

HOME | サポート | 問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトについて
COPYRIGHT 2013 Syotaro Yoshida , Nactive co.,Ltd.