JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと260日間無料試用可能 ダウンロードはこちら JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと2

自動運転について

追い上げをしたい

 追い上げは投資競馬の基本戦術です。追い上げには様々な方法がありますが、ここでは最も基本的な追い上げのやり方を説明します。

キーワード:自動運転、投資競馬、投資条件、追い上げ

(1) イベントボタンを押す

イベントボタンを押す

(2) イベントマネージャの「投資条件」タブを開く

投資条件設定を開く

(3) 「投資条件」を選択する

     投資条件を設定する

  • 「投資をしない」を選択すれば、追い上げはしません
  • 追い上げをするには、「総投票金額」か「前回投票額」を選択します
  • 「総投票金額」を選択した場合、追い上げの計算の祭に「総投票金額」をベースに、設定した倍率で追い上げます
  • 「前回投票額」を選択した場合、ひとつ前に投票した金額をベースに、設定した倍率で追い上げます
  • 総投票金額の方が資金回収は速くなりますが、パンクのリスクはより高まります

(4)資金計算を選択

      資金計算を選択
  • 「前回投票額」を選択した場合、設定によっては追い上げが上手く行かなくなります(倍率1.1〜1.4倍、前回投資金額が100円の場合)。
  • 追い上げが上手く行かなくなる理由は、競馬の最小掛け金が100円のためです。計算結果が110円〜140円の間の場合は、切り捨てられて100円になります。
  • 通常、投資資金の計算は四捨五入でおこないますが、「資金計算を切り上げで行う」にチェックを入れると、切り上げに変わります。
  • 初期投資金額が100円で、前回投資額の倍率が1.1〜1.4倍の場合は切り上げにしてください。

■追い上げ資金早見表

試行回数 前回投票金額 (円) 総投票金額 (円)
設定値 ×1.2(※) ×1.5 ×2.0 ×1.2(※) ×1.5 ×2.0
1回 100 500 1,000 100 500 1,000
2回 200 800 2,000 200 800 2,000
3回 300 1,200 4,000 400 2,000 6,000
4回 400 1,800 8,000 900 5,000 18,000
5回 500 2,700 16,000 2,000 12,500 54,000
6回 600 4,100 32,000 4,400 31,200 162,000
7回 800 6,200 64,000 9,600 78,000 486,000
8回 1,000 9,300 128,000 21,200 195,000 1,458,000

9回

1,200 14,000 256,000 46,600 487,500 4,374,000
10回 1,500 21,000 512,000 102,500 1,218,800 13,122,000
総額 6,600 61,600 1,023,000 187,900 2,031,300 19,683,000

※「資金計算を切り上げで行う」にチェック。OFFの場合はすべて100円になります。

資金配分について

 自動運転用の買い目作成に、資金配分法を決める必要があります。追い上げで決定される投資金額は、各買い目に資金配分されます。

(1)「同一金額」を選択した場合
     同一金額資金配分
  • 初回の投票は、買い目作成画面で設定した金額通りに投票されます。
  • 2回目以降は追い上げの計算をし、その結果を「同一回収率」配分で買い目に資金配分します。
  • 常に同一金額にならない理由は、追い上げの結果投票する金額は倍増していきますが、複数点数の買い目が設定してある場合は、追い上げ資金×点数になるため、過剰に資金が増えるのを抑制するためです。
(2)「同一回収率」や「同一払い戻し」を選択した場合
     資金配分方法
  • 資金配分を「同一回収率」、「同一払い戻し」、「同一利益」、「予算配分」にした場合の動作は次の通りです。
    • 初回は買い目保存時に「自動投票時の資金配分」で設定した金額が、指定の資金配分法で行われます。
    • 2回目以降は追い上げた金額を、指定の資金配分法で行います。
  • 追い上げ計算の結果が0円の場合や、リセットした場合は買い目に設定してある金額で投票されます(「自動投票時の資金配分」で指定した金額)。

自動投票時の資金配分

注)自動運転時は「本線集中」配分は利用できません。

[自動運転の活用法トップに戻る]
[活用法トップに戻る] [トップページに戻る]

HOME | サポート | 問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトについて
COPYRIGHT 2013 Syotaro Yoshida , Nactive co.,Ltd.