JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと260日間無料試用可能 ダウンロードはこちら JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと2

自動運転について

資金配分の設定例

 よくある質問に「追い上げをする際の、資金配分の設定法が分からない」というものがあります。ここではメビウスの方程式を例に挙げ、資金配分法について説明します。
 なお、メビウスの方程式の設定法については、こちらをご覧下さい。

キーワード:自動運転、投資競馬、投資条件、追い上げ、資金配分

(1) 適当な買い目を作成する

適当な買い目を作成

※1点当たりの賭け金は100円に設定しておいてください。

(2)資金配分法の「同じ回収率」を選択して「保存」ボタンを押す

資金配分法を選択

(3)1レースあたりの最低賭け金を入力

     1レース当たりの最低賭け金

※ここで設定した賭け金が、1レース当たりの最低金額になります。追い上げが始まると、追い上げの計算式で求められた賭け金が割り当てられます。

(4)必要なレース数くり返す

■メビウスの方程式実行例

メビウスの方程式実行例

  • 新潟9レースが最初のレース (1レース当たりの最低賭け金が摘要)
  • 新潟10、11レースは、メビウスで計算した賭け金を使用

[自動運転の活用法トップに戻る]
[活用法トップに戻る] [トップページに戻る]

HOME | サポート | 問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトについて
COPYRIGHT 2013 Syotaro Yoshida , Nactive co.,Ltd.