JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと260日間無料試用可能 ダウンロードはこちら JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと2

自動運転について

締め切り8分前に投資競馬をさせたい

 投資競馬をする場合は、必ずここの設定をする必要があります。各種投資条件の設定ももちろん重要ですが、どの時間帯に投票動作にはいるかは、自動運転をする上で欠くことの出来ない要素です。
 ここでは締め切り8分前(発走10分前)に投票することを例に設定法を説明します。

キーワード:自動運転、投資競馬、流動イベント

(1) イベントボタンを押す

イベントボタンを押す

(2) イベントマネージャの「流動イベント」タブを開く

流動イベント設定を開く

(3) 流動時間を「発走10分前」に設定する

流動時間の設定をする

  • 流動イベントは、レースの発走時刻に対してn分前、n分後に発生する
  • 発走時刻なので、投票を行う場合は3分以上前に設定する必要がある(締め切りは発走2分前)
  • 流動時間のセルを左クリックで選択し、右クリックするとメニュが表示される
  • 今回の例では発走10分前(締め切り8分前)に設定

(4) アクションを設定する

アクションに「勝敗判定投票」を設定する

  • アクションは流動イベントが発生したときに実行されるコマンド
  • 投資競馬をやる場合には、「勝敗判定投票」を指定
  • 今回は内部コマンドの「勝敗判定投票コマンド」を指定
  • 勝敗判定は、これまで全ての払い戻しダウンロード、当該レースのオッズダウンロード、勝敗判定、資金配分、投票の動作が含まれる
  • 内部コマンドの代わりに「勝敗判定投票.vbs」スクリプトを選択してもよい

(5) 設定された流動イベントの確認

設定された流動イベントの確認

(6) 流動イベントの対象レースの確認

流動イベント対象レースの確認

  • 流動イベントは、それぞれのイベントがどのレースを対象としているかを指定することが出来る
  • 図の1〜12の数字はレース番号に対応
  • 1〜12に○がついている場合は、全レースで当該流動イベントが発生する
  • 通常はすべてに○がついていること(デフォルトの設定)

勝敗判定投票コマンドの動作について

  • 勝敗判定投票コマンドは、スクリプトおよび内部コマンドで同様の動作になります
  • 勝敗判定投票を選択するケースは、「勝利条件」「敗北条件」「追い上げ等の投資」を利用する場合です
  • 勝敗判定投票をアクションに設定すると、下記の動作が行われます
    • これまでの全レースの払い戻しダウンロード
    • 当該レースのオッズダウンロード
    • 勝敗判定
    • 投資資金の計算(追い上げや馬法の方程式)
    • 資金配分
    • 投票
  • 基本的に成績やオッズダウンロードコマンドを別途指定する必要はありません
  • なお、実際に投票するレースは、買い目作成画面で作成しておく必要があります(買い目の保存)

[自動運転の活用法トップに戻る]
[活用法トップに戻る] [トップページに戻る]

HOME | サポート | 問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトについて
COPYRIGHT 2013 Syotaro Yoshida , Nactive co.,Ltd.