JRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと260日間無料試用可能 ダウンロードはこちらJRA IPAT投票ソフト シンプルぱっと2

FrontPage > faq

よくある質問

事前に自動運転を検証したい

 自動運転の検証には2種類あります。ひとつは投票確定をしない「テストモード」を使う方法。もうひとつは今回紹介するシミュレーションモードによる検証です。
 シミュレーションモードは自動運転の検証機能ではなく、通信を行わずに投票機能等をチェックする機能です*1

 シミュレーションモードに切り替えるだけでは、自動運転に必要な各種イベントは起動されないため、イベント検証ウィンドウと併用する必要があります。

(1)シミュレーションモードに切り替える

sim01.gif

  • [ファイル]-[シミュレーションモード]メニュ
  • 「シミュレーション」を選択

(2)イベント検証ウィンドウを表示

sim02.gif

  • [表示]-[イベント検証ウィンドウ]メニュ

(3)流動イベントを選択

sim03.gif

(4)レースを選択

sim04.gif

(5)イベント実行

sim05.gif

(6)投票系イベントの場合結果が表示される

sim06.gif

  • (7)の「投票完了後、IPAT確認画面を表示する」にチェックが入っていること
  • シミュレーションモードであれば、自動的にこの画面が作成される
  • 複数のレースをシミュレーションする場合は、レース番号を変更して(5)から実行

(7)結果を表示させるための設定

sim07.gif

  • 「環境設定」ウィンドウの「買い目フォルダ」にある
  • 「投票完了後にIPAT確認画面を表示する」にチェックを入れておく

注意事項

  • シミュレーションモードによる動作は、通信をしないだけで実際の処理をトレースしている
  • 動作をシミュレーションしているだけなので、必ずしも実際の動作と一致するわけではない
  • イベント検証ウィンドウは、強制的にタイムマネージャを呼び出している

*1 通常の投票や、オッズフィルタの検証にも利用できます
HOME | 特徴 | 活用事例 | ダウンロード | ご購入 | サポート | 問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトについて
COPYRIGHT By.Syotaro Yoshida,2002-2008 All Right Reserved.